大阪市立大学同窓会(全学同窓会)

第7回玉井ゼミ全体同窓会開催

と き 平成30年11月24日(土)
ところ 天王寺都ホテル

 3年に一度開催される玉井ゼミの同窓会は、回を重ねるごとに参加者数が伸びており、今回は90人近い同窓生が集まりました。玉井先生は2014年に愛知学院大学へ移籍されましたが、司会を務めていただいた守安遙奈さん(愛知学院・玉井ゼミ4年)をはじめ、同大での玉井ゼミの学生・卒業生も多数来られ、会場内は大変賑やかでありました。

 冒頭、東京とニューヨークを拠点に活動されている写真映像作家の松井みさきさん(95年卒)からのご挨拶の後、税理士としてご活躍の早澤照一(83年卒)さんから乾杯の音頭を頂戴して始まった会は、途中、ゲストの土屋公充子さんと近藤義子さんによる「歌とピアノのコンサート」を挟みつつ進みました。ステージでのスピーチでは、皆さんそれぞれに語られる自身の近況や玉井ゼミでの思い出から、ゼミ同窓生の活躍フィールドの多様さと、玉井先生が今も昔もやはりお優しく時にはユーモアに溢れた方だということがよく分かるエピソードが多く聞かれました。最後に、松山東雲女子大学講師の宮地克典さん(07年卒)による締めの言葉でまた3年後の再会を誓い、同窓会はお開きとなりました。

 私たち2015年卒は、大阪市立大学の玉井ゼミとして最後の学年になります。そのため、身近に後輩がいないことへの寂しさを感じることもありました。しかしながら、卒業して年数を経てもこうして集まる機会があること、同じ大学の先輩方だけでなく、違う大学でも同じ師から学ぶ後輩が多くいること、そうした縁に恵まれたこと自体に幸運とありがたみを感じたひとときでした。なお、集合写真は参加者数が多く、2つの班に分かれて撮影いたしました。


同窓会報 有恒

  • 第17号
TOP