大阪市立大学同窓会(全学同窓会)

香謡会有志の第一六回戸隠謡合宿

今年も東西から10名の有志が集まり(大阪6人・東京4人)、8月25日(木)~27日(土)の間、いつもの信州戸隠中社の二沢旅館で、大いに謡い語り合いました。

8月25日(木)晴れ 東京組は一足先に馴染みの蕎麦屋〈山笑〉に直行して戸隠蕎麦を賞味、後から来た大阪組とバスで合流して二沢旅館へ集合。《素謡会》 東京組「東北」、大阪組「三輪」。夜は懇親会。

8月26日(金)晴れ 午前中は自由行動、三々五々散策。戸隠中社、奥社、戸隠森林植物園等を散策。幸い熊には出くわさず。人気店大行列の“うずらや”を事前予約、名物の蕎麦を並ばずに賞味した人たちも。午後《素謡再開》大阪組「松浦佐用姫」。東京組「誓願寺」。大阪組「龍田」。

《独吟》「江口」宮澤、「正尊」松村、「清経」玉井、「朝長」依田、「隅田川」岩崎、「花月」西岡、「安宅」山田、「芦刈」軽森、「夕顔」寺井、「大江山」粕谷。夜は大懇親会。

今回、参加者一同から二沢旅館に最新式カラオケマイクを贈呈することにし、金一封を贈呈。来年は新しいマイクで大カラオケ大会を行いましょう。岩崎さんから日本に今は未だ2人しかいない深い体験に基づいた里親養子縁組推進のエキスパートとしての情熱とご苦労の数々、最近の政府を含めた認知の広がり。粕谷さんからは、大阪平野の杭全神社の勇壮な祭りの総代を勤める情熱とご苦労。軽森さんからラクビー観戦の真に迫った見所説明。山田さんのオワラ“風の盆”踊り実演等々、興味尽きない懇談でした。その後別室で2次会の談笑は続きました。

8月27日(土)雨 《素謡会》東京組「須磨源氏」、大阪組「小鍛冶」、合同でご当地ソング「紅葉狩」。来年を期して解散。

〔参加者・順不同〕 ()内数字は卒業年次。
大阪:寺井久子(31)生、粕谷高士(33)商、依田純一(36)商、松村好明(36)商、岩崎美枝子(38)生、西岡茂(43)理
東京:玉井克明(37)商、宮澤博臣(37)経、軽森亮弌(40)商、山田紘一郎(41)経。

20161001club

文責:宮澤

同窓会報 有恒

  • 第17号
TOP