大阪市立大学同窓会(全学同窓会)

生川ゼミ同期会(商学部昭和43年卒)

とき  平成28年4月6日(水)
ところ 大阪駅上「うを佐」

 本年で8回目となる同期会を、新装成った大阪駅を俯瞰できる「うを佐」にて開催。出席者7名。折しも各地で桜が満開で、開宴に先立つ雑談では花見の話題で盛り上がった。午後一時定刻に開宴。冒頭、昨年死去した丹羽君に全員で黙祷した。その後、会食をしながら各自この一年の近況を報告し歓談した。

 話題は例年の如く、健康・病気・趣味・年金・時事問題と多岐にわたった。趣味のウォーキングでは京都と大和のウォーキング協会に会員登録し、昨年度一年間の歩行距離が2933kmになること、都内の病院で薬をもらうのに、倍以上の交通費がかかる不合理性、つい最近会った人が突然亡くなる人生の悲哀、近頃の日銀のマイナス金利政策の不確実性、まるで我々が学生時代に生川先生から叩き込まれたオーバーローン政策を彷彿とさせる等、種々興趣の尽きぬ話で盛り上がった。 

 また悩みとして、お墓の維持・奥さんの健康問題・娘さんが結婚しない等赤裸々な話も披露され、瞬く間に三時間強が過ぎていった。

次回は、名古屋で2017年4月5日(水)開催と決定し、散会した。

最後に前島君の歌を添えて筆をおくことにする。

降る雪の白髪(しらかみ)までに

   ゼミ会を続けらるれば

      楽しくもあるか

生川ゼミ(201609)

「写真」
(前列左から)柳原仁彦・松岡芳昭・中村俊恒
(後列左から)保谷美苗・田村史郎・原木文吉・前島浩

(柳原記)

同窓会報 有恒

  • 第19号
TOP