大阪市立大学同窓会(全学同窓会)

姫路しらさぎ支部 例会開催

と き:平成29年3月11日(土)午後3時~
ところ:姫路じばさんビル会議室

 去る3月11日(土)15時より姫路しらさぎ支部例会を姫路じばさんビル会議室にて開催した。今回の例会は、姫路しらさぎ支部が昨年8月の総会をもって国内27番目の支部として本部より公認を受けた後、10月に本部より大学旗が貸与されたので、支部会員へのお披露目を一つの目的として開催した。

 初めに当支部吉備事務局長より今回の例会の趣旨等について説明があった後、支部長である私(松浦)より大阪市立大学学章の由来について説明を行なった。その後、支部規約の一部改訂及び同窓会本部から依頼のあった「日本植物園協会大52回大会(大阪市)」への寄付について説明した。今回より新たに当支部に加入していただいた4名の自己紹介の後、会計担当者(吉永)から会計報告が行なわれた。

 その後、支部長よりプロジェクターを用いて、支部立ち上げの経緯、設立後の支部活動状況等を説明報告。そのほか、五代友厚像除幕式とホームカミングデーに出席した際の写真をスクリーンに映しながら同窓会本部行事への参加活動結果も紹介した。さらに、今一番関心がある「市大と府大との統合」に関するニュースを新聞報道や市大新聞などの記事及びインターネット情報に基づいて説明を行なった。

 そして最後に、今後の支部運営についてどのようなイベントを実施すれば良いか、支部会員の意見を聞くためにいくつかの具体案を提示して聞き取りを行なうなどしたが、会議室の使用制限時間が迫ってきたため、今回初めての試みとして予定していた「大阪市立大学と私」と題した私自身のプレゼンテーションは実施出来ないまま、例会は予定通り17時前に終了した。

 その後、会場を近くのホテル姫路プラザに移し、懇親会を開催。懇親会は事務局長の挨拶に続き、最年長会員の森本哲郎氏の乾杯の音頭で始まり、既会員の自己紹介へと進んだ。会場のあちらこちらで「大学時代の話」や「勤務先の話」などで盛り上がり、名残は尽きないまま終了予定時間も迫ってきたため、全員での記念撮影の後、龍野幹事長の閉会の挨拶で19時に懇親会は終了し、全員帰宅の途に着いた。

 姫路しらさぎ支部はまだ設立後間もないため、試行錯誤しながら運営を進めてきたが、今後は各支部の実施状況などを参考にさせていただきながら、出来るだけ多くの支部会員が参加できるイベントを企画していきたいと思っている。

(文責 松浦康裕)

出席者は次のとおり(敬称略)
岸本義明(法昭41)、森本哲郎(商昭44)、十倉譲(法昭48)、松浦康裕(経昭50)、龍野誠一郎(商昭50)、吉備文昭(商昭51)、福本博之(商昭52)、伊賀隆久(法昭54)、上嶋治(経昭59)、上田博(法平11)、田村俊明(経平12)、石井彰(理平17)、吉永哲雄(理平18)、山本和弘(経平19)、青田慶子(生平23)、朝夷亮介(文平28) 以上16名

2017.04.13

同窓会報 有恒

  • 第18号
TOP