大阪市立大学同窓会(全学同窓会)

[斎藤幸平] 映画『アバター』原案にもなったカナダの森林学者による「世紀の大発見」とは?

経済思想家(イメージ)

映画『アバター』原案にもなった
カナダの森林学者による
「世紀の大発見」とは?

(出典:Yahoo!ニュース)

映画『アバター』原案にもなったカナダの森林学者による
「世紀の大発見」とは?

(出典:Yahoo!ニュース)

 

映画『アバター』原案にもなったカナダの森林学者による「世紀の大発見」とは?
 森林は「インターネット」であり、菌類がつくる「巨大な脳」だった…斎藤幸平氏(哲学者)など…
(出典:Yahoo!ニュース)

※ 斎藤幸平 (出典:Wikipediahttps://ja.wikipedia.org › wiki › 斎藤幸平)
 斎藤 幸平(さいとう こうへい、1987年1月31日 – )は、日本の哲学者、
 経済思想家、マルクス主義者。東京大学大学院総合文化研究科・教養学部准教授。
 ‎ウェズリアン大学 · ‎芝中学校・高等学校 · ‎人新世の「資本論」 · ‎東京大学理科二類
 略歴
  ・・・
  2017年 – 大阪市立大学大学院経済学研究科准教授[6]
  2018年 -「Karl Marx’s Ecosocialism: Capital, Nature, and the Unfinished Critique of Political Economy, Monthly Review Press, 2017」で、マルクス研究界最高峰の賞であるドイッチャー記念賞を、当時31歳で歴代最年少受賞。日本人としても初受賞[1]
   
2020年 -「マルクス経済学のエコロジー的転回に関する研究」によって日本学術振興会
  2021年 – 著書『人新世の「資本論」』で新書大賞を受賞[7]
  2021年 – 著書『人新世の「資本論」』で韓国のAsia Book Awards (ABA 아시아북어워드) 2021年優秀図書賞(一般書部門)を受賞[8]
  2022年 – 東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻准教授[4]
  現在に至る

検索結果一覧

斎藤幸平」に関する、14件の記事がヒットしました。

同窓会報 有恒

  • 24号
TOP