大阪市立大学同窓会(全学同窓会)

[寄稿] 大阪南支部 創設60周年記念 植樹祭 行事式典 に寄せて

「大阪南支部創設60周年記念植樹祭行事式典に寄せて」

                   大阪南支部長 金村福寿(商昭56卒)

 私が診療している時突然に有恒会副会長、運営本部長の福岡美彦(文昭32)氏より金村福寿が有恒会副会長に推薦されたと連絡が入りました。 実はその何年も前に有恒会事務局から上本町6丁目の国際交流センターで行われる有恒会総会に出席する様に連絡があり参加しました。 会場に入ると最後尾のテーブルに居られた森田秀朗(文昭49)氏は私に「おいなはれ」と声を掛けて戴きました。 その有り難い「おいなはれ」の精神はそれ以後の私の同窓会活動の起点と成りました。 その後森田氏より同好会O―CUPの集まりに誘われて楽しい時間を沢山過ごす事が出来ました。 河添佳洋子(生昭48)氏、里田百子(商昭49)氏の3人が牽引して居らた様に感じていました。 その頃私は有恒会大阪南支部と同好会O―CUPとは同じ組織と思っていました。  

 しかし私が有恒会の副会長に就任してから環境が180度変わりました。 有恒会の状況が充分に解らないままに参加した平成27年3月2日の大阪南支部第163回例会が大阪市立大学文化交流センターで開催され、その会議の中で長年尽力されてきた藤森貢(医昭30)支部長から金村福寿(商昭56)支部長に交代することが決まりました。 恥ずかしながら受け継いだ大阪南支部長の活動も私の自覚の未熟さで活発な活動が出来ていませんでした。 その様な状況の中、大学の有恒会組織も変革され、有恒会は有恒会として残しながらも全国にある有恒会支部は全学同窓会支部として組織は拡大し、新たな全学同窓会の局長に就任された上村修三(商昭53)氏は大きく旗を振り、私は檄を飛ばされました。 再編第1回の同窓会大阪南支部総会は平成30年7月14日に開催されました。 講師に医学部研究科長大畑建治教授が講演され「私のグローバル戦略」と題して素晴らしい講演を戴きました。 第2回目の総会は令和元年7月20日に開催されました。 講演は市大商学部卒業後一念発起されて見事、司法試験に合格されたレジェンド弁護士、里田百子(商昭49)氏の楽しい解りやすい講演でした。 この年は女性会員の姿が沢山見受けられました。 翌年は新型コロナウイルス禍のために総会は開催出来ませんでした。 第3回目の総会は令和4年3月5日に開催され、この総会はまさに同窓会大阪南支部創設60周年を迎える行事と重なりました。

 有恒会大阪南支部の設立は昭和36年9月28日、道頓堀「くいだおれ」で催されました。 「くいだおれ」の社長の子息が市大出身で出席者は82名でした。 当時は支部長制ではなく、幹事が世話役で例会を運営していました。 以後多くの先輩方の愛校心で支えられ60年という長い年月を栄枯盛衰乗り越えて、私達の時代で迎えられる有り難さは感無量です。

 折りしも重なった同窓会大阪南支部創設60周年記念、そして「ラスト市大」。 大阪南支部の行事は荒川哲男(医昭50)学長、岡本直之(商昭45)同窓会会長、生野弘道(医昭44)医学部同窓会会長から多大なる賛同を得られました。 大阪南支部の幹事会は60周年記念植樹祭行事式典を市大魂で全身全霊を込めて活動しました。 式典では「ラスト市大」の精神を込めて荒川学長、岡本同窓会会長、私の3人で高原記念館前に「市大ヤマザクラ」4本を植樹しました。 「ヤマザクラ」の下では美しい花の姿を見て人々は思はず微笑み、楽しく歓談する青春の憩いの場所になる事でしょう。 総会のメインイベントである生野弘道先生の講演会「新型コロナ感染症 民間病院の闘い」は新型コロナウイルス禍で密を避けながらも30名程の聴衆者を集めて大好評でした。 式典に集められた寄付は目標の120万円に達しました。ご参加、ご協力を戴いたOB・OGの同窓生のご尽力は「市大レガシー」となって新しく迎える大阪公立大学に受け継がれて行く事でしょう。

 五代友厚等が設立した大阪商業講習所を起点に140年に至る大阪市立大学で学んだ人達はこれからの100年も「恒心」を忘れる事なく歴史と伝統を「継承」し、「飛翔」の精神で邁進すると言う覇気が有ります。 その状況の中、大阪市立大学の文化と世に大きく評価を受けている大阪府立大学の文化と名実共に令和4年4月1日に統合します。

 新生、大阪公立大学は質、学生数共に日本有数の大学と生まれ変わります。 大阪市立大学同窓会大阪南支部はこの歴史的な流れを大きく視野に捉えて同窓会大阪南支部創設60周年記念植樹祭行事式典を催しました。 やがて大きく成長する「市大レガシー」と成った「市大ヤマザクラ」の下に集まる市大、府大のOB・OG在校生及び、新生「大阪公立大学」入学生に対し杉本キャンパス1号館の100年の歴史を観詰めてきた時計台は静かに私達に語り掛けているでしょう。

       「大阪公立大学の新しい仲間を暖かく応援しましょう」と...

                賽は投げられた
                    ローマ皇帝  ジュリアス・シーザーの言葉

大阪南支部創設60周年記念山桜植樹式 2022.3.5
記念撮影

大阪南支部 創設60周年記念 寄附植樹 プレート

大阪南支部 設立60周年「市大やまざくら」記念寄附植樹 プレート

関連記事:
2022.03.28 [報告] 03/05(土) 大阪南支部 創設60周年記念「山桜植樹式、生野先生講演会」式典

 

同窓会報 有恒

  • 23号
TOP