大阪市立大学同窓会(全学同窓会)

[報告] 奈良支部 R3年度総会 (R3.10/17) ~2年ぶりの再会 ~

奈良支部総会で2年ぶりの再会
と き:令和3年10月17日
ところ:ホテルリガーレ春日野(奈良市法蓮町)

奈良支部の令和3年度総会が、10月17日午後1時からホテルリガーレ春日野
(奈良市法蓮町)で開かれ、来賓、会員ら35人が出席、コロナ禍で前年は
書面総会だったため2年ぶりの再会に会員らはお互いの近況を語り合うなど
和やかな雰囲気に包まれました。
 
冒頭、高橋敏朗支部長が「コロナ禍でもあり開催するかどうか判断が難しか
ったが、こうして集うことができ感謝しています。来年は支部30周年、そし
て大学統合の第1回の奈良支部総会を府大の卒業生も迎えて開きたい」とあい
さつ。
 
来賓の全学同窓会の岡本直之会長が「対面式の支部総会に出席させていただ
くのは会長就任して初めて。府大同窓会との統合の姿もようやく見えてきた。
この奈良支部がぜひモデルとなってほしい」と訴えました。
 
荒川 哲男学長 からはメッセージが寄せられ「本年を『ラストイチダイイヤ
ー』として1号館ミュージアム構想など様々な事業に取り組んでおり、ぜひ
ご支援を」と呼びかけました。
 
総会議事の後、記念講演として同窓の講談師、四代目 玉田 玉秀斎さんが
「講談、五代友厚伝」を披露、迫力のある語りで会場を魅了、大きな拍手が
送られました。
(玉田 玉秀斎 :
 https://www.facebook.com/groups/195198871846153/user/100000551973662/
 講演会行使派遣サイト:https://www.speakers.jp/speaker/tamada-gyokushusai/
 
引き続きコロナ禍のため茶話会が行われ、全学同窓会の 宮川庄一副会長が
府大同窓会との統合交渉の経緯などを説明、会員から多くの質問も寄せら
れたほか、五代友厚記念事業委員会の活動について児玉隆夫委員長、全学
同窓会の 上村 修三事務局長から説明があり、今後、五代友厚官有物払下げ
説見直しを求める署名活動の展開に会員の協力を要請しました。

  文責・藤山純一(法昭51)、写真・ 崎山 光友(商昭50)

R3.10月17日 奈良支部総会

同窓の講談師、四代目 玉田 玉秀斎

 

同窓会報 有恒

  • 22号
TOP