大阪市立大学同窓会(全学同窓会)

07/01(木) 荒川学長・開高健関西悠々会役員会談

と き 令和3年7月1日(木)
ところ 大阪市立大学学長室

 開高健関西悠々会・高山副会長(たる出版会長)、会員の上村全学同窓会事務局長と公益財団法人開高健記念会・坪松理事〈サントリーHD部長〉が荒川学長を表敬訪問しました。

目的は、コロナ禍で順延している「開高健生誕90年記念講演会」(以下,開高健講演会)を学長が掲げる「ラストイチダイ事業」の一環で、大学共催で開催する旨の提案です。
2011年2月、なんばパークスで「大阪市立大学創立130周年記念“生誕80年大阪が生んだ開高健”展」が開催され、9千人が来場されました。その催しを契機として、開高健が卒業した大阪市立大学卒業生、大阪府立天王寺高校卒業生、開高健ファンが中心となって、開高健関西悠々会が発足しました。「開高健を偲ぶ悠々忌(12/9)」、読書会、講演会、見学会などの行事を開催、事務局は大阪市立大学同窓会内にあります。

「開高健講演会」の概要は、つぎのとおりです。
○開催日:2021年12月18日(土)
○場 所:大阪市立大学杉本キャンパス内(1号館講堂など)
○講 師:鳥井信吾氏(サントリーHD代表取締役副会長)
    ※公立大学法人大阪経営審議会外部委員でもあります。

 荒川学長より、今回の提案は、前向きに検討するとの旨の発言があり、その後1号館ミュージアム構想、大阪市立大学の前身である大阪商業学校に在籍されたサントリー創業者の鳥井信治郎氏、開高健氏に関する資料展示構想が披露されました。
それを受けて、坪松理事からは、正式な協力要請があれば、サントリーHD及び公益財団法人開高健記念会に働きかける旨の発言がありました。   

開高健関西悠々会会員 上村修三(商昭53卒) 

2021.07.01 悠々会・学長訪問

2021.07.12

同窓会報 有恒

  • 22号
TOP