大阪市立大学同窓会(全学同窓会)

平成29年度第12回有恒会支部代表者会議開催

 と き 平成30年3月10日(土)
 ところ 田中記念館2階会議室(会議)、同左1階ホワイエ(懇親会) 

 平成30年3月10日(土)13時半より田中記念館2階会議室において、「平成29年度有恒会支部代表者会議」を開催した。国内30支部のうち25支部34名、オブザーバーとして設立準備中の仮称北河内支部1名、総数35名が出席した。

 開会の辞の後、尾山有恒会会長のご挨拶をいただき、その後牧野運営本部長の司会で議事を進行した。新規に設立された、南大阪支部、静岡支部、宮崎支部(今回は欠席)と設立準備中の北河内支部の紹介と、今回初めて参加された福岡支部、愛知支部の支部長の紹介が行われた。

 その後、事前に各支部より回答いただいた「平成29年度活動実績・平成30年度活動計画」の資料より、顕著な活動を行われた支部より報告をいただいた。会員を増やすためには、幅広い年齢層の会員、特に若手と女性を取り込む必要がある。そのために、年に1回総会を開くだけではなく、分科会を作って少人数で安くて頻繁に会う機会を増やすのがいいのではないか、という提案がされた。

 運営本部よりは会費納入率の低下の問題と新卒生歓迎会を各支部の総会に合わせて行うという報告があった。

 荒川学長より、府大との統合の状況の説明と大学の広告塔としての学長の活動を伺った。最後に全学同窓会から全学同窓会報誌、五代プロジェクトの説明、京極副理事長より大学の近況報告と寄附金のお願いがあった。

 支部総会終了後、場所を田中記念館1階ホワイエに移し、懇親パーティを行い、各支部の交流を図った。サプライズゲストでプロボクサー坂本真宏君(工M2)の世界チャンピオンへの挑戦決意を受け、荒川学長より力強い激励があった。会は大いに盛り上がり、支部長で初となる女性支部長の藤本支部長(福岡)の中締め挨拶で散会となった。

2018.03.14

同窓会報 有恒

  • 第16号
TOP