大阪市立大学同窓会(全学同窓会)

福岡支部 定時総会

と き 平成28年9月24日(土)午後5時~8時
ところ 平和楼福岡本店

 今年度の全学同窓会並びに有恒会福岡支部総会は9月3日(土)に開催予定だった。会場は支部幹事がわざわざ下見の試食会まで行なったフランス料理店のはずだった。同窓会初の試みである「キャリアスピーチ」は生活科学部出身でありながら弁護士として活躍中の藤本美佐子会員にお願いし、快諾を得ていた。大学からは桐山孝信副学長、児玉隆同窓会長もご来駕の予定だった。ああ、にも関わらず、それがすべておじゃんになった!

 理由は台風12号の襲来である。巨大台風の襲来予測にわれわれは緊張し、連絡を取り合い、結局支部長の判断で急遽延期を決めた。ところが台風の進度は稀に見る遅速で、しかも福岡直撃の予測もはずれた。不幸中の幸いとは言うものの、予定していた会場は取れなくなり、大学、同窓会からの出席もなくなる。キャリアスピーチの藤本氏も他用で欠席など諸事情が重なり、開催準備はやり直しを余儀なくされた。

 今年度の福岡支部同窓会は、こういう悪条件の下、体制を建て直し、9月24日、福岡の繁華街天神にある中華料理店・平和楼本店で開催された。以下はその報告である。

 会は有恒会本部牧野忠弘、森本喬のお二人の副会長を来賓としてお迎えし、午後5時から8時まで、第一部総会、第2部懇親会の二部に分けて行なった。第一部は、棟居幹事の司会で、初めに岩佐有恒会支部長が挨拶、昨年の総会での申し合わせに従って選出した人事案(全学同窓会支部長岩佐(文修昭44)、事務局幹事棟居(商昭52)、幹事木本(理昭43)、工幹事藤本(進)(工昭45)、幹事藤本(美)(生昭47)、幹事大慈弥(医医昭57)、幹事横川(医看平23)、幹事橋本(法平12)、幹事塩地(商昭53)、幹事嬉野(経昭50)、福岡支部の現状、課題などについて報告、これを了承した。次に、牧野有恒会副会長より、同窓会を含む母校の現状、特に多くの会員の関心事である大阪府大との併合による新大学構想の進捗状況について説明があった。その後、藤本会員に代わって、木本正樹会員による「キャリアスピーチ」があり、山岳部で活躍された同会員の学生時代から北九州シニアライオンズクラブ会長としてご活躍の現在にいたる経歴に聞き入った。

 第二部の懇親会は、小西裕会員の司会、八尾俊男会員による乾杯の音頭から始まった。宴もたけなわ恒例となった出席者全員の自己紹介を交えながらの歓談は、在学中の思い出、卒業後の経験などを話題に、和やかでまた賑やかであった。最後はグリークラブ所属の棟居幹事の朗々たる「桜花爛漫」のナレーションと、参加者全員の同歌の熱唱で会を閉じた。

 今回の同窓会は、日程の変更もあったため、参加者は多くなかったが、理系全学部の卒業生も顔をそろえ、在学生の父兄の参加も得て、「全学同窓会」にふさわしい会合となったことをご報告しておきたい。ただ、新しい卒業生や中堅の出席が余りにも少なく、活動が先細りになって行くことが危惧されるなど、解決すべき課題も少なくないことも痛感したことであった。

 最後に、9月3日のキャンセルのため公務や日程調整でご迷惑をおかけした大学、全学同窓会、有恒会の関係各位、および福岡支部会員諸氏に紙上をお借りしてお詫びを申し上げます。

(文責・岩佐昌暲、棟居秀信)

当日の参加者は以下の通り(敬称略)

【有恒会】牧野忠廣(経昭44) 、森本喬(文昭36)
【支部】荒岡由郎(経昭31)、八尾寿男(商昭33)、林田嘉朗(医41)、岩佐昌暲(文修昭44)、岩佐友子(文昭43)、木本正樹(理数43)、藤本進(工機45)、棟居秀信(商昭52)、小西裕(商昭53 )、武谷紗知子(生人間福祉平13)、鍋島弘憲様(現役生保護者)、鍋島美保様(同)、篠田誠司様(同)

fukuoka2016-9_1

fukuoka2016-9_2

fukuoka2016-9_3

2016.11.11

同窓会報 有恒

  • 第17号
TOP