大阪市立大学 生活科学部同窓会大阪市立大学 生活科学部同窓会

プライバシーポリシー

トップ > プライバシーポリシー

個人情報の取り扱いについて

 近年、国内及び海外においては個人に関するもしくは個人を特定する情報についての管理姿勢が、諸々の法人、団体又は企業に対し盛んに問われることとなってきました。平成17年4月1日から施行される「個人情報保護法令」は個人情報を有し事業に利用する法人、団体、企業を事業者として認定し、個人情報保護を目的とした法令を遵守するように定めています。大阪市立大学生活科学部同窓会においても例外ではなくその事業者にあたります。したがって、大阪市立大学生活科学部同窓会(以下同窓会と略す)が会員の信頼を確保し、情報の収集事業を適切に進めるためには、同窓会が保有する会員の個人情報の保全について個人情報保護を目的とした適切な対応をしなければなりません。
 このために、同窓会では個人情報の取り扱いと保護について、以下のように基本方針を作成し、実践するに至りました。

1.同窓会における個人情報の定義

 個人情報とは、個人を識別できる情報で、氏名、住所、電話番号、勤務先・在学校名、勤務先電話番号、最終学校等の情報を指します。また、これらの情報のみでは識別できなくとも、複数の情報を組み合わせることにより個人を識別できる情報も含みます。

2,個人情報をご提供いただく場合について

同窓会で個人情報をご提供いただくのは、以下の場合となります。
  • 同窓会事務局から個人へ直接依頼する場合
  • 同窓生や家族から間接的にご連絡いただく場合
  • 事務局に直接ご連絡いただく場合

3.個人情報の管理について

 同窓会では、個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、不正アクセス・紛失・破壊・改ざん・漏洩または再提供(「5.第三者への情報提供について」に記載する場合を除きます。)などの無いように、適切な管理を実施いたします。

4.個人情報の利用目的について

 ご提供いただいた情報は機密扱いとし、同窓会会員の管理、および同窓会名簿の発行を含む同窓会の運営に役立てる目的のみに使用します。

5.第三者への情報提供について(原則として第三者には提供いたしません)

 同窓会では、ご本人の同意を得た場合以外は、同窓会会員以外の第三者に提供を行ないません。ただし、警察や裁判所等の公的機関から、法律に基づく手続において照会を受けた場合や、会員の行為によって同窓会規約等に反し、同窓会の権利や財産等を保護するため、必要と認められる場合、及び人命・身体・財産等に対する緊急の必要性がある場合は除きます。

6.個人情報管理責任者の配置について

 個人情報を取り扱う責任者を置き、適切な管理を行います。

7.法令等の遵守・個人情報保護方針の改定

 同窓会では、日本国における法令等に従った個人情報の管理、利用を行ないます。同窓会では、日本国における法令等の変更に合わせるため、個人情報の保護をより確かなものとするため、またはその他の理由により、個人情報保護方針を改定させていただくことがございますので、定期的に個人情報保護方針のご確認をしていただきますようお願いいたします。

平成17年4月1日

大阪市立大学生活科学部同窓会
会長 山本 茂

TOP